BOOK NOW
TOPICS
EVENT:2021.01.18

瀧本幹也 写真展「AFTERIMAGE」 2 0 2 1年 2月4日(木) – 2 月28日(日)

at 「on hold」
THE TOWER HOTEL NAGOYA 4F L01
2021.FEB.4-28 / OPENING HOURS 12:00-17:00 [入場無料]
Curated by FOCUS ROCK STUDIO & gallery

この度、THE TOWER HOTEL NAGOYA ギャラリースペース ” on hold ” ( 所在地:愛知県名古屋市中区) におきまして、瀧本幹也 写真展「AFTERIMAGE 」を開催いたします。本展は『Multiple exposure』と『FLEUR』2 つの新作シリーズによる特別展示となります。
会場となる ” on hold ” は、2020年10月に名古屋テレビ塔内に誕生したホテル『 THE TOWER HOTEL NAGOYA ( ザ タワーホテル ナゴヤ )』のギャラリースペースです。また ” on hold ” は、泊まれるギャラリールームとして、 アートに浸り一晩を過ごすことができます。(1日1組限定、予約・宿泊料は別途必要 )

特別サイト
http://mikiyatakimoto.com/afterimage/

車窓から眺める景色に、映り込みが重なって絶妙なバランスになる瞬間がある。
そんな偶然を見つけるのが好きだ。
それは一枚のガラスに、同じ時間が共存する面白さだろう。

多重露光の”Multiple exposure”では、
一枚のネガフイルムの中に、幾つかの違った時間が共存する面白さがある。
写真の瞬間が重なり合い、そこに時間が「時空」として封印され、
偶然性の美が露光された時、頭の中の想像を超えた景色が立ち上がった。

花の新作”FLEUR”では、これまで「花」を被写体とすることを敬遠してきたが、
COVID-19が引き起こした世界の混乱の中、自生している花や植物の
生命力の美しさ、儚さをとどめておきたいという強い衝動に駆られた。
連綿と続く生命の瞬間を「時空」として捉えたいという欲求の現れなのだろうか?

最近は、生命力と時空を感じるものに惹かれ、現実を冷静に見つめている。
美しい景色と出会い、眼を閉じると網膜に焼き付くその残像が好きだ。

瀧本幹也


瀧本幹也
写真家 / 1974年愛知県生まれ。94年より藤井保氏に師事。98年に写真家として独立し、瀧本幹也 写真事務所を設立。 広告写真をはじめ、グラフィック、エディトリアル、自身の作品制作活動、コマーシャルフィルム、映 画など幅広い分野の撮影を手がける。
主な作品集に『LAND SPACE』(13『) SIGHTSEEING』(07『) BAUHAUS DESSAU ∴ MIKIYA TAKIMO TO』(05)などがある。 また12年からは映画の撮影にも取り組む。自身初となる『そして父になる』(是枝裕和監督作品)で は第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞を受賞。15年には『海街diary』で第39 回日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞。17年『三度目の殺人』第74回ヴェネツィア国際映画祭 コンペティション部門。
東京ADC賞、ニューヨーク ADC賞 GOLD、カンヌライオンズ国際広告祭 GOLD、ACC グランプリ、 朝日広告賞グランプリ、日経広告賞グランプリ、ニューヨーク CLIO AWARDS GOLD、ロンドン D& AD YELLOW PENCILなど、国内外での受賞歴多数。

Curated by FOCUS ROCK STUDIO & gallery

NEW ENTRY

CONTACT

宿泊についてのお問い合わせ

TEL.052−953−4450

お問い合わせ

ウエディングのお問い合わせ